Filter 関数
PHP Manual

filter_var_array

(PHP 5 >= 5.2.0)

filter_var_array複数の変数を受け取り、オプションでそれらをフィルタリングする

説明

mixed filter_var_array ( array $data [, mixed $definition [, bool $add_empty = true ]] )

この関数を使用すると、大量の変数を取得する際に filter_var() を繰り返しコールする必要がなくなるので便利です。

パラメータ

data

文字列キーの配列。フィルタリングするデータを保持します。

definition

引数を定義する配列。配列のキーとして使用できるのは 変数名を string で表したものです。 対応する値に使用できるのは、 フィルタの型か配列 (フィルタ・フラグ・オプションを指定したもの) です。 配列の値として配列を使用する場合に使用できるキーは、 filter (フィルタの型)、 flags (フィルタに適用するフラグ) および options (フィルタに適用するオプション) です。理解を深めるために、以下の例を参照ください。

このパラメータには、フィルタ定数 を表す整数値を指定することもできます。 こうすると、入力配列のすべての値がそのフィルタで処理されます。

add_empty

存在しないキーは NULL として返り値に追加します。

返り値

成功した場合は要求された変数の値を含む配列、 あるいは失敗した場合に FALSE を返します。 配列の値は、フィルタリングに失敗した場合には FALSE、 変数が設定されていない場合は NULL となります。

例1 filter_var_array() の例

<?php
error_reporting
(E_ALL E_STRICT);
$data = array(
    
'product_id'    => 'libgd<script>',
    
'component'     => '10',
    
'versions'      => '2.0.33',
    
'testscalar'    => array('2''23''10''12'),
    
'testarray'     => '2',
);

$args = array(
    
'product_id'   => FILTER_SANITIZE_ENCODED,
    
'component'    => array('filter'    => FILTER_VALIDATE_INT,
                            
'flags'     => FILTER_FORCE_ARRAY
                            
'options'   => array('min_range' => 1'max_range' => 10)
                           ),
    
'versions'     => FILTER_SANITIZE_ENCODED,
    
'doesnotexist' => FILTER_VALIDATE_INT,
    
'testscalar'   => array(
                            
'filter' => FILTER_VALIDATE_INT,
                            
'flags'  => FILTER_REQUIRE_SCALAR,
                           ),
    
'testarray'    => array(
                            
'filter' => FILTER_VALIDATE_INT,
                            
'flags'  => FILTER_FORCE_ARRAY,
                           )

);

$myinputs filter_var_array($data$args);

var_dump($myinputs);
echo 
"\n";
?>

上の例の出力は以下となります。

array(6) {
  ["product_id"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(17) "libgd%3Cscript%3E"
  }
  ["component"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    int(10)
  }
  ["versions"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(6) "2.0.33"
  }
  ["doesnotexist"]=>
  NULL
  ["testscalar"]=>
  bool(false)
  ["testarray"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    int(2)
  }
}

変更履歴

バージョン 説明
5.4.0 add_empty パラメータが追加されました。

参考


Filter 関数
PHP Manual

レンタルサーバー