ファイルシステム 関数
PHP Manual

fgetcsv

(PHP 4, PHP 5)

fgetcsvファイルポインタから行を取得し、CSVフィールドを処理する

説明

array fgetcsv ( resource $handle [, int $length = 0 [, string $delimiter = "," [, string $enclosure = '"' [, string $escape = "\\" ]]]] )

fgets() に動作は似ていますが、 fgetcsv() は行を CSV フォーマットのフィールドとして読込み処理を行い、 読み込んだフィールドを含む配列を返すという違いがあります。

パラメータ

handle

ファイルポインタは有効なものでなければならず、また fopen(), popen(), もしくは fsockopen() で正常にオープンされたファイルを指している必要があります。

length

(行末文字を考慮して) CSV ファイルにある最も長い行よりも大きい必要があります。 PHP 5 でオプションになりました。このパラメータを省略 (もしくは PHP 5.1.0 以降で 0 を設定) すると、 最大行長は制限されません。この場合、若干動作が遅くなります。

delimiter

フィールドのデリミタ (1 文字のみ) を設定します。

enclosure

フィールド囲いこみ文字 (1 文字のみ) を設定します。

escape

エスケープ文字 (1 文字のみ) を設定します。

返り値

読み込んだフィールドの内容を含む数値添字配列を返します。

注意:

CSV ファイルの空行は null フィールドを一つだけ含む配列として返され、 エラーにはなりません。

注意: マッキントッシュコンピュータ上で作成されたファイルを読み込む際に、 PHP が行末を認識できないという問題が発生した場合、 実行時の設定オプションauto_detect_line_endings を有効にする必要が生じるかもしれません。

fgetcsv() は、無効な handle を受け取った場合に NULL を返します。 また、ファイルの終端に達した場合を含めたその他のエラー時には FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.0 escape パラメータが追加されました。
5.1.0 length が必須ではなくなりました。 デフォルトは 0 で、これは長さの制限がないことを表します。
4.3.5 fgetcsv() はバイナリセーフとなりました。

例1 CSV ファイルの全てのコンテンツを読み込み、表示する

<?php
$row 
1;
if ((
$handle fopen("test.csv""r")) !== FALSE) {
    while ((
$data fgetcsv($handle1000",")) !== FALSE) {
        
$num count($data);
        echo 
"<p> $num fields in line $row: <br /></p>\n";
        
$row++;
        for (
$c=0$c $num$c++) {
            echo 
$data[$c] . "<br />\n";
        }
    }
    
fclose($handle);
}
?>

注意

注意:

この関数はロケール設定を考慮します。もし LANG が例えば en_US.UTF-8 の場合、 ファイル中の 1 バイトエンコーディングは間違って読み込まれます。

参考


ファイルシステム 関数
PHP Manual

レンタルサーバー