エラー処理関数
PHP Manual

error_reporting

(PHP 4, PHP 5)

error_reporting出力する PHP エラーの種類を設定する

説明

int error_reporting ([ int $level ] )

error_reporting() 関数は、 error_reporting ディレクティブを 実行時に設定します。PHP には多くのエラーレベルがあり、 この関数によりスクリプトの持続時間(実行時間)のレベルが設定されます。 オプションの level を指定しなかった場合は、 error_reporting() は単に現在のエラーレベルを返します。

パラメータ

level

新しい error_reporting レベル。ビットマスクまたは名前つき定数のどちらかです。将来の バージョンとの互換性を保証するために、名前つき定数の使用が 強く推奨されています。エラーレベルが追加されると、整数の幅は増加します。 そのため、以前の整数を使用するエラーレベルは常に期待通りに動作するとは 限りません。

利用可能なエラーレベル定数とその実際の意味は、 定義済みの定数に 記述されています。

返り値

変更前の error_reporting レベルを返します。level パラメータを指定しなかった場合は、現在のレベルを返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.4.0 E_STRICTE_ALL に含まれるようになりました。
5.3.0 E_DEPRECATEDE_USER_DEPRECATED が追加されました。
5.2.0 E_RECOVERABLE_ERROR が追加されました。
5.0.0 E_STRICT が追加されました (これは E_ALL には含まれません)。

例1 error_reporting() の例

<?php

// 全てのエラー出力をオフにする
error_reporting(0);

// 単純な実行時エラーを表示する
error_reporting(E_ERROR E_WARNING E_PARSE);

// E_NOTICE を表示させるのもおすすめ(初期化されていない
// 変数、変数名のスペルミスなど…)
error_reporting(E_ERROR E_WARNING E_PARSE E_NOTICE);

// E_NOTICE 以外の全てのエラーを表示する
error_reporting(E_ALL & ~E_NOTICE);

// 全ての PHP エラーを表示する (Changelog を参照ください)
error_reporting(E_ALL);

// 全ての PHP エラーを表示する
error_reporting(-1);

// error_reporting(E_ALL); と同じ
ini_set('error_reporting'E_ALL);

?>

注意

警告

ほとんどの E_STRICT レベルのエラーは スクリプトのコンパイル時に発生します。そのため、 error_reportingE_STRICT を含むように設定されている環境では これらのエラーを検出できません (逆も同様です)。

ヒント

値に -1 を指定すると、仮に将来のバージョンの PHP で新しいレベルと定数が追加されたとしてもすべてのエラーを表示するようになります。 E_ALL 定数も、PHP 5.4 以降これと同じ挙動になります。

参考


エラー処理関数
PHP Manual

レンタルサーバー