エラー処理関数
PHP Manual

error_log

(PHP 4, PHP 5)

error_log定義されたエラー処理ルーチンにエラーメッセージを送信する

説明

bool error_log ( string $message [, int $message_type = 0 [, string $destination [, string $extra_headers ]]] )

エラーメッセージを Web サーバーのエラーログあるいはファイルに送ります。

パラメータ

message

ログに記録されるエラーメッセージ。

message_type

メッセージをどこに送るのかを指定します。以下の中から指定できます。

error_log() ログタイプ
0 message は、オペレーティング・システム のシステムログのメカニズムまたはファイルのいずれかを使って PHP のシステム・ロガーに送られます。どちらが使われるかは、 設定ディレクティブ error_log の内容により決定されます。これはデフォルトのオプションです。
1 message は、destination パラメータで指定されたアドレスに、電子メール により送られます。このメッセージタイプの場合にのみ、 4 番目のパラメータである extra_headers が使われます。
2 このオプションは存在しません。
3 messagedestination で指定されたファイルに追加されます。 明示的に指定しない限り、message の 最後には改行文字は追加されません。
4 message は、直接 SAPI のログ出力ハンドラに送信されます。

destination

メッセージの送信先。その設定は、上で説明している message_type パラメータの値によります。

extra_headers

追加のヘッダ。message_type パラメータが 1 に設定される場合に利用されます。 このメッセージタイプは、mail() と同様に 内部関数を利用します。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

注意

警告

error_log() はバイナリセーフではありません。 message に null 文字があれば、そこで切り詰められます。

ヒント

message に null 文字を含めてはいけません。 message の送り先はファイルやメール、そして syslog などになることもあります。 base64_encode()rawurlencode()addslashes() などの関数で適切に変換してから error_log() に渡す必要があります。

例1 error_log() の例

<?php
// データベースに接続できない場合、
// サーバーログを通してエラーを通知する。
if (!Ora_Logon($username$password)) {
    
error_log("オラクルのデータベースが使用できません!"0);
}

// FOO に失敗したら、管理者に email で通知する
if (!($foo allocate_new_foo())) {
    
error_log("大変です。FOO に失敗しました!"1,
               
"operator@example.com");
}

// これ以外の error_log() のコール方法:
error_log("大変だ!"3"/var/tmp/my-errors.log");
?>

変更履歴

バージョン 説明
5.2.7 message_type の値として 4 が使用できるようになりました。


エラー処理関数
PHP Manual

レンタルサーバー