エラー処理関数
PHP Manual

debug_print_backtrace

(PHP 5)

debug_print_backtrace バックトレースを表示する

説明

void debug_print_backtrace ([ int $options = 0 [, int $limit = 0 ]] )

debug_print_backtrace() は PHP バックトレースを 表示します。関数のコール、include / require されているファイル、 そして eval() された内容などが表示されます。

パラメータ

options

PHP 5.3.6 の時点では、このパラメータは次のオプションのビットマスクとなります。

debug_print_backtrace() のオプション
DEBUG_BACKTRACE_IGNORE_ARGS "args" インデックスを無視してすべての関数/メソッドの引数をメモリに格納するかどうか。

limit

5.4.0 以降、このパラメータを使ってスタックフレームの数を制限できるようになりました。 デフォルト (limit=0) は、すべてのスタックフレームを表示します。

返り値

値を返しません。

変更履歴

バージョン 説明
5.4.0 オプションのパラメータ limit が追加されました。
5.3.6 オプションのパラメータ options が追加されました。

例1 debug_print_backtrace() の例

<?php
// ファイル名: include.php

function a() {
    
b();
}

function 
b() {
    
c();
}

function 
c(){
    
debug_print_backtrace();
}

a();

?>
<?php
// ファイル名: test.php
// このファイルを実行する

include 'include.php';
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

#0  c() called at [/tmp/include.php:10]
#1  b() called at [/tmp/include.php:6]
#2  a() called at [/tmp/include.php:17]
#3  include(/tmp/include.php) called at [/tmp/test.php:3]

参考


エラー処理関数
PHP Manual

レンタルサーバー