dbx 関数
PHP Manual

dbx_connect

(PHP 4 >= 4.0.6, PHP 5 <= 5.0.5, PECL dbx >= 1.1.0)

dbx_connect接続/データベースをオープンする

説明

object dbx_connect ( mixed $module , string $host , string $database , string $username , string $password [, int $persistent ] )

データベースへの接続をオープンします。

パラメータ

module

module パラメータには文字列または定数を設定します。 定数の使用が推奨されます。指定可能な値を以下に示しますが、これは 該当するモジュールが実際にロードされている場合のみ動作することに注意してください。

  • DBX_MYSQL あるいは "mysql"
  • DBX_ODBC あるいは "odbc"
  • DBX_PGSQL あるいは "pgsql"
  • DBX_MSSQL あるいは "mssql"
  • DBX_FBSQL あるいは "fbsql"
  • DBX_SYBASECT あるいは "sybase_ct"
  • DBX_OCI8 あるいは "oci8"
  • DBX_SQLITE あるいは "sqlite"

host

SQL サーバーのホスト。

database

データベース名。

username

ユーザー名。

password

パスワード。

persistent

persistent パラメータに DBX_PERSISTENT を設定すると、持続的接続が作成されます。

hostdatabaseusername および password のパラメータを受け付けますが、抽象化されたモジュールの接続関数によっては これらがすべて使われるわけではないこともあります。

返り値

dbx_connect() は成功時にオブジェクト、エラー時に FALSE を返します。接続は確立したもののデータベースが選択できなかった場合には、 接続はクローズされて FALSE を返します。

返される object は 3 つのプロパティを有します。

database
現在選択されているデータベースの名前。
handle

接続されたデータベースの有効なハンドルで、モジュール固有の関数に (必要に応じて)使用されます。

<?php
$link 
dbx_connect(DBX_MYSQL"localhost""db""username""password");
mysql_close($link->handle); // dbx_close($link) の方が良いかもしれません
?>

module
dbx の内部でのみ使用され、上で述べたモジュール番号を表します。

変更履歴

バージョン 説明
5.0.0 DBX_SQLITE が追加されました。
4.3.0 DBX_OCI8 が追加されました。
4.2.0 DBX_SYBASECT が追加されました。
4.1.0 DBX_FBSQL が追加されました。

例1 dbx_connect() example

<?php
$link 
dbx_connect(DBX_ODBC"""db""username""password"DBX_PERSISTENT)
    or die(
"接続できませんでした");

echo 
"接続に成功しました";
dbx_close($link);
?>

注意

注意:

モジュール固有のドキュメントも参照ください。

参考


dbx 関数
PHP Manual

レンタルサーバー