SPL 関数
PHP Manual

class_uses

(PHP 5 >= 5.4.0, PHP 7)

class_uses 指定したクラスが使っているトレイトを返す

説明

array class_uses ( mixed $class [, bool $autoload = true ] )

この関数は、指定したクラスが使っているトレイトの名前を配列で返します。 しかし、親クラスで使っているトレイトは含まれません。

パラメータ

class

オブジェクト (クラスのインスタンス) あるいは文字列 (クラス名)。

autoload

マジックメソッド __autoload() で、この関数からクラスを自動的に読み込ませるかどうか。

返り値

成功した場合に配列、エラー時には FALSE を返します。

例1 class_uses() の例

<?php

trait foo { }
class 
bar {
  use 
foo;
}

print_r(class_uses(new bar));

print_r(class_uses('bar'));

function 
__autoload($class_name) {
   require_once 
$class_name '.php';
}

// __autoload で 'not_loaded' クラスを読み込みます
print_r(class_uses('not_loaded'true));

?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [foo] => foo
)

Array
(
    [foo] => foo
)

Array
(
    [trait_of_not_loaded] => trait_of_not_loaded
)

参考


SPL 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー