関数処理 関数
PHP Manual

call_user_func

(PHP 4, PHP 5)

call_user_func最初の引数で指定したコールバック関数をコールする

説明

mixed call_user_func ( callable $callback [, mixed $parameter [, mixed $... ]] )

パラメータ callback で指定したユーザー定義のコールバック関数をコールします。

パラメータ

callback

コールする callable

parameter

コールバック関数に渡す、ゼロ個以上のパラメータ。

注意:

call_user_func() のパラメータは 参照渡しではないことに注意しましょう。

例1 call_user_func() の例と参照

<?php
error_reporting
(E_ALL);
function 
increment(&$var)
{
    
$var++;
}

$a 0;
call_user_func('increment'$a);
echo 
$a."\n";

call_user_func_array('increment', array(&$a)); // PHP 5.3 より前のバージョンでは、このようにしてもかまいません
echo $a."\n";
?>

上の例の出力は以下となります。

0
1

返り値

コールバック関数の結果、あるいはエラー時に FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.0 オブジェクト指向のキーワード、たとえば parentself などの処理方法が変わりました。 これまでは、ダブルコロン構文を使ってこれらをコールすると E_STRICT 警告が発生していました。静的コールと判断されたからです。

例2 call_user_func() の例

<?php
function barber($type)
{
    echo 
"$type ですね、わかりました。\n";
}
call_user_func('barber'"マッシュルームカット");
call_user_func('barber'"髭剃り");
?>

上の例の出力は以下となります。

マッシュルームカット ですね、わかりました。
髭剃り ですね、わかりました。

例3 名前空間を使用した call_user_func()

<?php

namespace Foobar;

class 
Foo {
    static public function 
test() {
        print 
"Hello world!\n";
    }
}

call_user_func(__NAMESPACE__ .'\Foo::test'); // PHP 5.3.0 以降
call_user_func(array(__NAMESPACE__ .'\Foo''test')); // PHP 5.3.0 以降

?>

上の例の出力は以下となります。

Hello world!
Hello world!

例4 call_user_func() でのクラスメソッドの使用

<?php

class myclass {
    static function 
say_hello()
    {
        echo 
"Hello!\n";
    }
}

$classname "myclass";

call_user_func(array($classname'say_hello'));
call_user_func($classname .'::say_hello'); // 5.2.3 以降

$myobject = new myclass();

call_user_func(array($myobject'say_hello'));

?>

上の例の出力は以下となります。

Hello!
Hello!
Hello!

例5 call_user_func() でのラムダ関数の使用

<?php
call_user_func
(function($arg) { print "[$arg]\n"; }, 'test'); /* PHP 5.3.0 以降 */
?>

上の例の出力は以下となります。

[test]

注意

注意:

call_user_func()call_user_func_array() で登録されたコールバックは、 前のコールバックからスローされた例外がキャッチされていない場合はコールされません。

参考


関数処理 関数
PHP Manual

レンタルサーバー