関数処理 関数
PHP Manual

call_user_func_array

(PHP 4 >= 4.0.4, PHP 5)

call_user_func_arrayパラメータの配列を指定してコールバック関数をコールする

説明

mixed call_user_func_array ( callable $callback , array $param_arr )

param_arr にパラメータを指定して、 callback で指定したユーザー定義関数をコールします。

パラメータ

callback

コールするcallable

param_arr

コールバック関数に渡すパラメータを指定する配列。

返り値

コールバック関数の結果、あるいはエラー時に FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.0 オブジェクト指向のキーワード、たとえば parentself などの処理方法が変わりました。 これまでは、ダブルコロン構文を使ってこれらをコールすると E_STRICT 警告が発生していました。静的コールと判断されたからです。

例1 call_user_func_array() の例

<?php
function foobar($arg$arg2) {
    echo 
__FUNCTION__" got $arg and $arg2\n";
}
class 
foo {
    function 
bar($arg$arg2) {
        echo 
__METHOD__" got $arg and $arg2\n";
    }
}


// foobar() 関数に引数を 2 つ渡してコールします
call_user_func_array("foobar", array("one""two"));

// $foo->bar() メソッドに引数を 2 つ渡してコールします
$foo = new foo;
call_user_func_array(array($foo"bar"), array("three""four"));
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

foobar got one and two
foo::bar got three and four

例2 call_user_func_array() での名前空間の使用法

<?php

namespace Foobar;

class 
Foo {
    static public function 
test($name) {
        print 
"Hello {$name}!\n";
    }
}

// PHP 5.3.0 以降
call_user_func_array(__NAMESPACE__ .'\Foo::test', array('Hannes'));

// PHP 5.3.0 以降
call_user_func_array(array(__NAMESPACE__ .'\Foo''test'), array('Philip'));

?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Hello Hannes!
Hello Philip!

例3 ラムダ関数の使用

<?php

$func 
= function($arg1$arg2) {
    return 
$arg1 $arg2;
};

var_dump(call_user_func_array($func, array(24))); /* PHP 5.3.0 以降 */

?>

上の例の出力は以下となります。

int(8)

注意

注意:

PHP 5.4 より前のバージョンでは、 param_arr 内で参照される変数は、 関数に参照渡しされます。これは、 その関数がパラメータを参照渡しで受け取ることを期待しているかどうかにかかわらず同じです。 この形式でコール時に参照渡しをしても、廃止予定であるという notice は発生しません。とはいえ、それが廃止予定であることに変わりはなく、 PHP 5.4 では削除されました。 さらに、この形式は PHP の組み込み関数には適用できません。 組み込み関数については関数のシグネチャが優先されます。 参照渡しを期待しているところに値で渡すと警告が発生し、 call_user_func()FALSE を返します (これには例外があります。参照カウンタが 1、つまりリテラルなどの場合です。 というのも、値を参照に変えても悪影響はないし、 値に書き込んでも何の効果もないからです。しかし、この例外に頼ってはいけません。 参照カウンタというのはあくまでも内部実装レベルの話であり、 今後もずっとそうであるとは限らないからです)。

注意:

call_user_func()call_user_func_array() で登録されたコールバックは、 前のコールバックからスローされた例外がキャッチされていない場合はコールされません。

参考


関数処理 関数
PHP Manual

レンタルサーバー