配列 関数
PHP Manual

array_walk_recursive

(PHP 5, PHP 7)

array_walk_recursive配列の全ての要素に、ユーザー関数を再帰的に適用する

説明

bool array_walk_recursive ( array &$array , callable $callback [, mixed $userdata = NULL ] )

array 配列の各要素にユーザー定義関数 callbackを適用します。 この関数は配列の要素内を再帰的にたどっていきます。

パラメータ

array

入力の配列。

callback

通常、 callback は引数を二つとります。 array パラメータの値が最初の引数、 キー/添字は二番目の引数となります。

注意:

callback により配列の値そのものを変更する必要がある場合、 callback の最初の引数は 参照 として渡す必要があります。この場合、配列の要素に加えた変更は、 配列自体に対して行われます。

userdata

オプションの userdata パラメータが指定された場合、 コールバック関数 callback への三番目の引数として渡されます。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 array_walk_recursive() の例

<?php
$sweet 
= array('a' => 'apple''b' => 'banana');
$fruits = array('sweet' => $sweet'sour' => 'lemon');

function 
test_print($item$key)
{
    echo 
"$key holds $item\n";
}

array_walk_recursive($fruits'test_print');
?>

上の例の出力は以下となります。

a holds apple
b holds banana
sour holds lemon

キー 'sweet' が表示されないことにお気づきでしょう。array を要素として持つキーは関数に渡されません。

参考


配列 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー