配列 関数
PHP Manual

array_map

(PHP 4 >= 4.0.6, PHP 5, PHP 7)

array_map指定した配列の要素にコールバック関数を適用する

説明

array array_map ( callable $callback , array $array1 [, array $... ] )

array_map() は、array1 の各要素に callback 関数を適用した後、 その全ての要素を含む配列を返します。 callback 関数が受け付けるパラメータの数は、 array_map() に渡される配列の数に一致している必要があります。

パラメータ

callback

配列の各要素に適用するコールバック関数。

array1

コールバック関数を適用する配列。

...

コールバック関数に渡す引数を指定する配列の可変リスト。

返り値

array1 の各要素に callback 関数を適用した後、 その全ての要素を含む配列を返します。

例1 array_map() の例

<?php
function cube($n)
{
    return(
$n $n $n);
}

$a = array(12345);
$b array_map("cube"$a);
print_r($b);
?>

この例では、$b の内容は以下のようになります。

Array
(
    [0] => 1
    [1] => 8
    [2] => 27
    [3] => 64
    [4] => 125
)

例2 array_map() でラムダ関数を使用する例 (PHP 5.3.0 以降)

<?php
$func 
= function($value) {
    return 
$value 2;
};

print_r(array_map($funcrange(15)));
?>
Array
(
    [0] => 2
    [1] => 4
    [2] => 6
    [3] => 8
    [4] => 10
)

例3 array_map() - もっと配列を使ってみる例

<?php
function show_Spanish($n$m)
{
    return(
"The number $n is called $m in Spanish");
}

function 
map_Spanish($n$m)
{
    return(array(
$n => $m));
}

$a = array(12345);
$b = array("uno""dos""tres""cuatro""cinco");

$c array_map("show_Spanish"$a$b);
print_r($c);

$d array_map("map_Spanish"$a $b);
print_r($d);
?>

上の例の出力は以下となります。

// printout of $c
Array
(
    [0] => The number 1 is called uno in Spanish
    [1] => The number 2 is called dos in Spanish
    [2] => The number 3 is called tres in Spanish
    [3] => The number 4 is called cuatro in Spanish
    [4] => The number 5 is called cinco in Spanish
)

// printout of $d
Array
(
    [0] => Array
        (
            [1] => uno
        )

    [1] => Array
        (
            [2] => dos
        )

    [2] => Array
        (
            [3] => tres
        )

    [3] => Array
        (
            [4] => cuatro
        )

    [4] => Array
        (
            [5] => cinco
        )

)

通常、二つ以上の配列を使用する場合、 それらの長さは等しい必要があります。 これは、 コールバック関数が対応する要素に対して並行して適用されるためです。 配列の長さが等しくない場合、要素数の少ない配列は空の要素で拡張して、最も長い配列の要素数に合わせます。

この関数の面白い使用方法として、 配列の配列を構築するというものがあります。 これは、コールバック関数の名前として NULL を使用することにより、簡単に実行できるものです。

例4 配列の配列を生成する

<?php
$a 
= array(12345);
$b = array("one""two""three""four""five");
$c = array("uno""dos""tres""cuatro""cinco");

$d array_map(null$a$b$c);
print_r($d);
?>

上の例の出力は以下となります。

Array
(
    [0] => Array
        (
            [0] => 1
            [1] => one
            [2] => uno
        )

    [1] => Array
        (
            [0] => 2
            [1] => two
            [2] => dos
        )

    [2] => Array
        (
            [0] => 3
            [1] => three
            [2] => tres
        )

    [3] => Array
        (
            [0] => 4
            [1] => four
            [2] => cuatro
        )

    [4] => Array
        (
            [0] => 5
            [1] => five
            [2] => cinco
        )

)

引数で渡した配列のキーがそのまま維持されるのは、渡した配列がひとつだけである場合のみです。 複数の配列を渡した場合は、返り値の配列のキーは整数値が振り直されます。

例5 array_map() - 文字列キーの例

<?php
$arr 
= array("stringkey" => "value");
function 
cb1($a) {
    return array (
$a);
}
function 
cb2($a$b) {
    return array (
$a$b);
}
var_dump(array_map("cb1"$arr));
var_dump(array_map("cb2"$arr$arr));
var_dump(array_map(null,  $arr));
var_dump(array_map(null$arr$arr));
?>

上の例の出力は以下となります。

array(1) {
  ["stringkey"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(5) "value"
  }
}
array(1) {
  [0]=>
  array(2) {
    [0]=>
    string(5) "value"
    [1]=>
    string(5) "value"
  }
}
array(1) {
  ["stringkey"]=>
  string(5) "value"
}
array(1) {
  [0]=>
  array(2) {
    [0]=>
    string(5) "value"
    [1]=>
    string(5) "value"
  }
}

参考


配列 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー