配列 関数
PHP Manual

array_intersect_assoc

(PHP 4 >= 4.3.0, PHP 5, PHP 7)

array_intersect_assoc追加された添字の確認も含めて配列の共通項を確認する

説明

array array_intersect_assoc ( array $array1 , array $array2 [, array $... ] )

array_intersect_assoc() は、全ての引数に現れる array1 の全ての値を含む配列を返します。 array_intersect() と異なり、 キーも比較に使用されることに注意してください。

パラメータ

array1

値を調べるもととなる配列。

array2

値を比較する対象となる配列。

...

さらにそれ以外の配列。

返り値

array1 の値のうち、すべての引数に存在するものを含む連想配列を返します。

例1 array_intersect_assoc() の例

<?php
$array1 
= array("a" => "green""b" => "brown""c" => "blue""red");
$array2 = array("a" => "green""b" => "yellow""blue""red");
$result_array array_intersect_assoc($array1$array2);
print_r($result_array);
?>

上の例の出力は以下となります。

Array
(
    [a] => green
)

上の例で、"a" => "green" の組のみが両方の配列に現れており、 よって配列として返されていることがわかります。 値 "red" は返されません。これは、 $array1 においてはそのキーが 0 であり、一方、$array2 においてはキーが 1 であるためです。 また、キー "b" は返されません。 これは、その値がそれぞれの配列で異なるためです。

key => value の組からの二つの値は、 (string) $elem1 === (string) $elem2 が成り立つ場合にのみ等しいと見なされます。 言い替えると、厳密なチェックが行われるため、 文字列表現が同じである必要があります。

参考


配列 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー