配列 関数
PHP Manual

array_filter

(PHP 4 >= 4.0.6, PHP 5)

array_filter コールバック関数を使用して、配列の要素をフィルタリングする

説明

array array_filter ( array $array [, callable $callback [, int $flag = 0 ]] )

callback 関数によりフィルタ処理が行われた array の全ての要素を含む配列を返します。 callback 関数が true を返した場合、 array の現在の値が結果の配列に入ります。 array が連想配列の場合、 キーは保存されます。

パラメータ

array

処理する配列。

callback

使用するコールバック関数。

コールバック関数が与えられなかった場合、 array のエントリの中で FALSE と等しいもの (boolean への変換 を参照ください) がすべて削除されます。

flag

引数として、何を callback に送るのかを決めるフラグ。

  • ARRAY_FILTER_USE_KEY - 値ではなく、キーだけを callback の引数として渡す
  • ARRAY_FILTER_USE_BOTH - 値だけではなく、値とキーの両方を callback の引数として渡す

返り値

フィルタリングされた結果の配列を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.6.0 オプションのパラメータ flag と、定数 ARRAY_FILTER_USE_KEY および ARRAY_FILTER_USE_BOTH が追加されました。

例1 array_filter() の例

<?php
function odd($var)
{
    
// 渡された整数が奇数かどうかを返します
    
return($var 1);
}

function 
even($var)
{
    
// 渡された整数が偶数かどうかを返します
    
return(!($var 1));
}

$array1 = array("a"=>1"b"=>2"c"=>3"d"=>4"e"=>5);
$array2 = array(6789101112);

echo 
"Odd :\n";
print_r(array_filter($array1"odd"));
echo 
"Even:\n";
print_r(array_filter($array2"even"));
?>

上の例の出力は以下となります。

Odd :
Array
(
    [a] => 1
    [c] => 3
    [e] => 5
)
Even:
Array
(
    [0] => 6
    [2] => 8
    [4] => 10
    [6] => 12
)

例2 callback がない array_filter()

<?php

$entry 
= array(
             
=> 'foo',
             
=> false,
             
=> -1,
             
=> null,
             
=> ''
          
);

print_r(array_filter($entry));
?>

上の例の出力は以下となります。

Array
(
    [0] => foo
    [2] => -1
)

例3 array_filter()flag を使う例

<?php

$arr 
= ['a' => 1'b' => 2'c' => 3'd' => 4];

var_dump(array_filter($arr, function($k) {
    return 
$k == 'b';
}, 
ARRAY_FILTER_USE_KEY));

var_dump(array_filter($arr, function($v$k) {
    return 
$k == 'b' || $v == 4;
}, 
ARRAY_FILTER_USE_BOTH));
?>

上の例の出力は以下となります。

array(1) {
  ["b"]=>
  int(2)
}
array(2) {
  ["b"]=>
  int(2)
  ["d"]=>
  int(4)
}

注意

警告

配列の内容がコールバック関数内で変更された場合 (たとえば要素が追加されたり削除されたりなど) のこの関数の挙動は未定義です。

参考


配列 関数
PHP Manual

レンタルサーバー