配列 関数
PHP Manual

array_filter

(PHP 4 >= 4.0.6, PHP 5, PHP 7)

array_filter コールバック関数を使用して、配列の要素をフィルタリングする

説明

array array_filter ( array $array [, callable $callback [, int $flag = 0 ]] )

callback 関数によりフィルタ処理が行われた array の全ての要素を含む配列を返します。 callback 関数が true を返した場合、 array の現在の値が結果の配列に入ります。 配列のキーは保存されます。

パラメータ

array

処理する配列。

callback

使用するコールバック関数。

コールバック関数が与えられなかった場合、 array のエントリの中で FALSE と等しいもの (boolean への変換 を参照ください) がすべて削除されます。

flag

引数として、何を callback に送るのかを決めるフラグ。

  • ARRAY_FILTER_USE_KEY - 値ではなく、キーだけを callback の引数として渡す
  • ARRAY_FILTER_USE_BOTH - 値だけではなく、値とキーの両方を callback の引数として渡す

返り値

フィルタリングされた結果の配列を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.6.0 オプションのパラメータ flag と、定数 ARRAY_FILTER_USE_KEY および ARRAY_FILTER_USE_BOTH が追加されました。

例1 array_filter() の例

<?php
function odd($var)
{
    
// 渡された整数が奇数かどうかを返します
    
return($var 1);
}

function 
even($var)
{
    
// 渡された整数が偶数かどうかを返します
    
return(!($var 1));
}

$array1 = array("a"=>1"b"=>2"c"=>3"d"=>4"e"=>5);
$array2 = array(6789101112);

echo 
"Odd :\n";
print_r(array_filter($array1"odd"));
echo 
"Even:\n";
print_r(array_filter($array2"even"));
?>

上の例の出力は以下となります。

Odd :
Array
(
    [a] => 1
    [c] => 3
    [e] => 5
)
Even:
Array
(
    [0] => 6
    [2] => 8
    [4] => 10
    [6] => 12
)

例2 callback がない array_filter()

<?php

$entry 
= array(
             
=> 'foo',
             
=> false,
             
=> -1,
             
=> null,
             
=> ''
          
);

print_r(array_filter($entry));
?>

上の例の出力は以下となります。

Array
(
    [0] => foo
    [2] => -1
)

例3 array_filter()flag を使う例

<?php

$arr 
= ['a' => 1'b' => 2'c' => 3'd' => 4];

var_dump(array_filter($arr, function($k) {
    return 
$k == 'b';
}, 
ARRAY_FILTER_USE_KEY));

var_dump(array_filter($arr, function($v$k) {
    return 
$k == 'b' || $v == 4;
}, 
ARRAY_FILTER_USE_BOTH));
?>

上の例の出力は以下となります。

array(1) {
  ["b"]=>
  int(2)
}
array(2) {
  ["b"]=>
  int(2)
  ["d"]=>
  int(4)
}

注意

警告

配列の内容がコールバック関数内で変更された場合 (たとえば要素が追加されたり削除されたりなど) のこの関数の挙動は未定義です。

参考


配列 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー