配列 関数
PHP Manual

array_diff_key

(PHP 5 >= 5.1.0, PHP 7)

array_diff_keyキーを基準にして配列の差を計算する

説明

array array_diff_key ( array $array1 , array $array2 [, array $... ] )

array1 のキーを array2 のキーと比較し、その差を返します。 この関数は array_diff() に似ていますが、 値ではなくキーを用いて比較するという点が異なります。

パラメータ

array1

比較元の配列。

array2

比較する対象となる配列。

...

さらに比較する対象となる配列。

返り値

array1 の要素のうち、 その他の配列のいずれにも含まれないキーのものだけを残した配列を返します。

例1 array_diff_key() の例

ふたつの key => value のペアが等しいとみなされるのは、 (string) $key1 === (string) $key2 である場合のみです。つまり、厳密な型チェックを行うということです。 文字列表現が一致しなければなりません。

<?php
$array1 
= array('blue'  => 1'red'  => 2'green'  => 3'purple' => 4);
$array2 = array('green' => 5'yellow' => 7'cyan' => 8);

var_dump(array_diff_key($array1$array2));
?>

上の例の出力は以下となります。

array(3) {
  ["blue"]=>
  int(1)
  ["red"]=>
  int(2)
  ["purple"]=>
  int(4)
}
<?php
$array1 
= array('blue' => 1'red'  => 2'green' => 3'purple' => 4);
$array2 = array('green' => 5'yellow' => 7'cyan' => 8);
$array3 = array('blue' => 6'yellow' => 7'mauve' => 8);

var_dump(array_diff_key($array1$array2$array3));
?>

上の例の出力は以下となります。

array(2) {
  ["red"]=>
  int(2)
  ["purple"]=>
  int(4)
}

注意

注意:

この関数は n 次元配列の一つの次元しかチェックしません。 もちろん、array_diff_key($array1[0], $array2[0]); のようにすることでより深い次元でのチェックもできます。

参考


配列 関数
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー