配列 関数
PHP Manual

array_combine

(PHP 5)

array_combine 一方の配列をキーとして、もう一方の配列を値として、ひとつの配列を生成する

説明

array array_combine ( array $keys , array $values )

keys 配列の値をキーとして、また values 配列の値を対応する値として生成した 配列 を作成します。

パラメータ

keys

キーとして使用する配列。無効な値を渡すと文字列に変換されます。

values

値として使用する配列。

返り値

作成した配列を返します。 互いの配列の要素の数が合致しない場合に FALSE を返します。

エラー / 例外

keys および values の要素数が一致しなかった場合は E_WARNING が発生します。

変更履歴

バージョン 説明
5.4.0 これまでのバージョンでは、空の配列に対しては E_WARNING を発生させて FALSE を返していました。

例1 array_combine()の簡単な例

<?php
$a 
= array('green''red''yellow');
$b = array('avocado''apple''banana');
$c array_combine($a$b);

print_r($c);
?>

上の例の出力は以下となります。

Array
(
    [green]  => avocado
    [red]    => apple
    [yellow] => banana
)

参考


配列 関数
PHP Manual

レンタルサーバー