ファイルアップロードの処理
PHP Manual

PUT メソッドのサポート

PHP は、クライアントがサーバーにファイルを保存するための HTTP PUT メソッドのサポートを提供します。 PUT リクエストは POST リクエストによるファイルアップロードよりもシンプルであり、 次のような形になります。

PUT /path/filename.html HTTP/1.1

これは、通常、リモートクライアントが /path/filename.html が指す内容を Web ツリーに保存したいことを意味します。 Apache または PHP に おいて全ての人が Web ツリー上の任意のファイルを自動的に上書きできる ようにするというのは明らかに良い発想ではありません。よって、このような リクエストを処理する際には、まずそのリクエストを処理する特定の PHP スクリプトが必要なことを web サーバーに通知する必要があります。 Apache においては、Script ディレクティブにより これを行うことができます。これは、Apache 設定ファイルのほぼ任意の 場所に置くことができます。一般的なのは、<Directory> ブロックまたは <VirtualHost> ブロックの中です。次のように指定します。

Script PUT /put.php

これにより、この行を指定したコンテキストにマッチする URI を有する すべての PUT リクエストが put.php スクリプトに送られるよう Apache に 指定します。 もちろん、拡張子 .php により PHP が実行されるよう設定され、 PHP がアクティブであることが必要です。 このスクリプトに対するすべての PUT リクエストの対象リソースは、 スクリプト自身とします。アップロードされるファイルのファイル名ではありません。

PHP では、put.php の中で以下のようなことを行います。 これは、アップロードされたファイルをサーバー上のファイル myputfile.ext にコピーします。 ファイルコピーを行う前には、 何らかの確認やユーザー認証を行いたくなるかもしれません。

例1 HTTP PUT されたファイルの保存

<?php
/* PUT されたデータは標準入力からやってきます */
$putdata fopen("php://input""r");

/* 書き込みモードでファイルをオープンします */
$fp fopen("myputfile.ext""w");

/* データを 1 KB 単位で読み込み、
   ファイルに書き込みます */
while ($data fread($putdata1024))
  
fwrite($fp$data);

/* ストリームを閉じます */
fclose($fp);
fclose($putdata);
?>


ファイルアップロードの処理
PHP Manual

レンタルサーバー