ファイルアップロードの処理
PHP Manual

エラーメッセージの説明

PHP はファイル配列とともに適当なエラーコードを返します。 エラーコードは、PHP によるファイルアップロードの間に生成され、 ファイル配列の['error'] 要素で アクセス可能です。言い換えると、エラーは、 $_FILES['userfile']['error'] でアクセス可能でしょう。

UPLOAD_ERR_OK

値: 0; エラーはなく、ファイルアップロードは成功しています。

UPLOAD_ERR_INI_SIZE

値: 1; アップロードされたファイルは、php.iniupload_max_filesize ディレクティブの値を超えています。

UPLOAD_ERR_FORM_SIZE

値: 2; アップロードされたファイルは、HTML フォームで指定された MAX_FILE_SIZE を超えています。

UPLOAD_ERR_PARTIAL

値: 3; アップロードされたファイルは一部のみしかアップロードされていません。

UPLOAD_ERR_NO_FILE

値: 4; ファイルはアップロードされませんでした。

UPLOAD_ERR_NO_TMP_DIR

値: 6; テンポラリフォルダがありません。PHP 5.0.3 で導入されました。

UPLOAD_ERR_CANT_WRITE

値: 7; ディスクへの書き込みに失敗しました。PHP 5.1.0 で導入されました。

UPLOAD_ERR_EXTENSION

値: 8; PHP の拡張モジュールがファイルのアップロードを中止しました。 どの拡張モジュールがファイルアップロードを中止させたのかを突き止めることはできません。 読み込まれている拡張モジュールの一覧を phpinfo() で取得すれば参考になるでしょう。 PHP 5.2.0 で導入されました。


ファイルアップロードの処理
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー