DateTime
PHP Manual

DateTime::setISODate

date_isodate_set

(PHP 5 >= 5.2.0)

DateTime::setISODate -- date_isodate_setISO 日付を設定する

説明

オブジェクト指向型

public DateTime DateTime::setISODate ( int $year , int $week [, int $day = 1 ] )

手続き型

DateTime date_isodate_set ( DateTime $object , int $year , int $week [, int $day = 1 ] )

ISO 8601 標準形式、つまり週と日オフセットで日付を設定します。

パラメータ

object

手続き型のみ: date_create() が返す DateTime オブジェクト。 この関数は、このオブジェクトを変更します。

year

その日付の年。

week

その日付の週。

day

週の最初の日からのオフセット。

返り値

メソッドチェインに使う DateTime オブジェクトを返します。失敗した場合に FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.0成功した場合の返り値が NULL から DateTime に変更されました。

例1 DateTime::setISODate() の例

オブジェクト指向型

<?php
$date 
= new DateTime();

$date->setISODate(20082);
echo 
$date->format('Y-m-d') . "\n";

$date->setISODate(200827);
echo 
$date->format('Y-m-d') . "\n";
?>

手続き型

<?php
$date 
date_create();

date_isodate_set($date20082);
echo 
date_format($date'Y-m-d') . "\n";

date_isodate_set($date200827);
echo 
date_format($date'Y-m-d') . "\n";
?>

上の例の出力は以下となります。

2008-01-07
2008-01-13

例2 範囲を超えた値が親の値に加算される例

<?php
$date 
= new DateTime();

$date->setISODate(200827);
echo 
$date->format('Y-m-d') . "\n";

$date->setISODate(200828);
echo 
$date->format('Y-m-d') . "\n";

$date->setISODate(2008537);
echo 
$date->format('Y-m-d') . "\n";
?>

上の例の出力は以下となります。

2008-01-13
2008-01-14
2009-01-04

例3 その週が存在する月を探す例

<?php
$date 
= new DateTime();
$date->setISODate(200814);
echo 
$date->format('n');
?>

上の例の出力は以下となります。

3

参考


DateTime
PHP Manual

レンタルサーバー