コンテキストオプションとパラメータ
PHP Manual

HTTP コンテキストオプション

HTTP コンテキストオプションHTTP コンテキストオプションの一覧

説明

http:// および https:// トランスポート用のコンテキストオプションです。

オプション

method string

リモートサーバーでサポートされる GETPOST あるいはその他の HTTP メソッド。

デフォルトは GET です。

header array あるいは string

リクエストに付加されるヘッダ。ここで指定した値が (User-agent:Host:、 および Authentication: などの) 他の値を上書きすることもあります。

user_agent string

User-Agent: ヘッダとして送信する値。上で説明した header オプションで user-agent が 定義されていない場合のみ使用されます。

デフォルトでは、php.iniuser_agent の設定内容を使用します。

content string

ヘッダの後に送信する追加データ。通常、POST または PUT リクエストの際に使用されます。

proxy string

プロキシサーバーを示す URI (例: tcp://proxy.example.com:5100)。

request_fulluri boolean

TRUE を指定すると、リクエストを生成する際に完全な URI (GET http://www.example.com/path/to/file.html HTTP/1.0) が用いられます。これは標準のリクエストフォーマットではありませんが、 このようなフォーマットを要求するプロキシサーバーも存在します。

デフォルトは FALSE です。

follow_location integer

Location のリダイレクトをたどります。 0 で無効にできます。

デフォルトは 1 です。

max_redirects integer

リダイレクトをたどる最大数。値が 1 以下の場合は リダイレクトをたどらないことを意味します。

デフォルトは 20 です。

protocol_version float

HTTP プロトコルのバージョン。

デフォルトは 1.0 です。

注意:

5.3.0 より前のバージョンの PHP では chunked transfer decoding を実装していません。 この値を 1.1 に設定するなら、 1.1 準拠にするのは自分の責任となります。

timeout float

読み込みタイムアウト秒数を float (例 10.5) で指定します。

デフォルトでは php.ini 設定 default_socket_timeout の値を使用します。

ignore_errors boolean

ステータスコードが失敗を意味する場合でもコンテンツを取得します。

デフォルトは FALSE です。

変更履歴

バージョン 説明
5.3.4 follow_location が追加されました。
5.3.0 protocol_version1.1 を設定した場合に、 chuned transfer decoding をサポートするようになりました。
5.2.10 ignore_errors が追加されました。
5.2.10 header に数値添字の配列を使用できるようになりました。
5.2.1 timeout が追加されました。
5.1.0 HTTP プロキシを使用した HTTPS のプロキシが追加されました。
5.1.0 max_redirects が追加されました。
5.1.0 protocol_version が追加されました。

例1 ページの取得と POST データの送信

<?php

$postdata 
http_build_query(
    array(
        
'var1' => 'some content',
        
'var2' => 'doh'
    
)
);

$opts = array('http' =>
    array(
        
'method'  => 'POST',
        
'header'  => 'Content-type: application/x-www-form-urlencoded',
        
'content' => $postdata
    
)
);

$context stream_context_create($opts);

$result file_get_contents('http://example.com/submit.php'false$context);

?>

例2 リダイレクトを無視し、ヘッダとコンテンツの取得

<?php

$url 
"http://www.example.org/header.php";

$opts = array('http' =>
    array(
        
'method' => 'GET',
        
'max_redirects' => '0',
        
'ignore_errors' => '1'
    
)
);

$context stream_context_create($opts);
$stream fopen($url'r'false$context);

// ヘッダ情報およびストリームのメタデータ
var_dump(stream_get_meta_data($stream));

// $url の実際のデータ
var_dump(stream_get_contents($stream));
fclose($stream);
?>

注意

注意: 基盤となるソケットストリームのコンテキストオプション
これ以外のコンテキストオプションが 基盤となるトランスポート でサポートされています。 http:// ストリームの場合は、tcp:// のコンテキストオプションを参照ください。 https:// ストリームの場合は、ssl:// のコンテキストオプションを参照ください。

注意: HTTP ステータスライン
このストリームラッパーがリダイレクトをたどると、 stream_get_meta_data() が返す wrapper_data のインデックス 0 の内容が必ずしもそのコンテンツの HTTP ステータスラインであるとは限らなくなります。

array (
  'wrapper_data' =>
  array (
    0 => 'HTTP/1.0 301 Moved Permantenly',
    1 => 'Cache-Control: no-cache',
    2 => 'Connection: close',
    3 => 'Location: http://example.com/foo.jpg',
    4 => 'HTTP/1.1 200 OK',
    ...
最初のリクエストが 301 (permanent redirect) を返したので、ストリームラッパーが自動的にリダイレクト先をたどり、レスポンス 200 (インデックス = 4) を取得しました。

参考


コンテキストオプションとパラメータ
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー