実行時設定
PHP Manual

設定ファイル

設定ファイル (php.ini) は PHP の起動時に読み込まれます。 PHP のサーバーモジュール版では、Web サーバーの起動時に 一度だけ読み込まれます。CGI 版と CLI 版では、スクリプトが呼び出される度に読み込まれます。

読み込む php.ini は、これらの場所を順に探します。

php-SAPI.ini (ここで SAPI は使用する SAPI 名。 たとえば php-cli.iniphp-apache.ini) が存在する場合、 php.ini の代わりに使用されます。 SAPI 名は php_sapi_name() によって決定されます。

注意:

Apache web サーバーは、スタート時にディレクトリをルート に変更するので、ファイルシステムのルートに php.ini が存在する場合、PHP はそれを読もうとします。

php.ini の中で環境変数を使うには、次のようにします。

例1 php.ini での環境変数

; 環境変数 PHP_MEMORY_LIMIT を利用します
memory_limit = ${PHP_MEMORY_LIMIT}

拡張モジュールに対する php.ini ディレクティブは、 各拡張モジュールのドキュメントで解説されています。 コア ディレクティブ (PHP 本体に対するディレクティブ)のリストは付録にまとめられています。 ただし、(更新の都合上)すべての PHP ディレクティブが 本マニュアル中で解説されている訳ではありません。 使っているバージョンの PHP で指定可能なすべてのディレクティブについては、 php.ini ファイル内に詳細なコメントが記されていますので、参照してください。 もしくは、Git から入手可能な »  最新の php.ini も有用でしょう。

例2 php.ini の例

; 引用符をつけないセミコロン(;)の後のテキストは、すべて無視されます
[php] ; セクションマーカ (角括弧の中のテキスト) は無視されます
; 論理値は、次のいずれかで指定します
;    true, on, yes
; または false, off, no, none
register_globals = off
magic_quotes_gpc = yes

; 文字列を二重引用符で括ることも可能です
include_path = ".:/usr/local/lib/php"

; バックスラッシュは他の文字と同様に処理されます
include_path = ".;c:\php\lib"

PHP 5.1.0 以降、ini ファイル内で既存の ini 変数を参照することが可能です。 例: open_basedir = ${open_basedir} ":/new/dir"


実行時設定
PHP Manual

レンタルサーバー