Ming
PHP Manual

SWFAction クラス

(PHP 5 <= 5.3.0, PECL ming SVN)

導入

SWFAction.

クラス概要

SWFAction {
/* メソッド */
__construct ( string $script )
}

説明

スクリプトの文法は C 言語をもとにしていますが、多くの機能が 省略されています - SWF バイトコードマシンは、より単純であることを 志向しています。例えば、相当手の込んだ細工をしなければ、関数のコールを 実装することもできません。なぜなら、バイトコードの jump 命令は ハードコードされたオフセット値を使用しているからです。 呼び出し元のアドレスをスタックに格納したりはしません - すべての関数は、戻ってくる場所を正確に知っている必要があるのです。

結局、どんな機能が残っているのでしょう? コンパイラが理解できるトークンは 以下のとおりです。

  • break
  • for
  • continue
  • if
  • else
  • do
  • while

データ型は存在しません。SWF アクションマシンにおいては、すべての値は 文字列として扱われます。以下の関数が使用可能です。

time()
ムービーが開始してからの経過時間を、ミリ秒 (?) で返します。
random(seed)
0 から seed までの範囲の擬似乱数を返します。
length(expr)
指定した式の長さを返します。
int(number)
指定した数値を、一番近い整数に切り下げた値を返します。
concat(expr, expr)
指定した式を連結して返します。
ord(expr)
指定した文字の ASCII コードを返します。
chr(num)
指定した ASCII コードに対応する文字を返します。
substr(string, location, length)
指定した文字列 string の、 位置 location から始まる 長さ length の部分文字列を返します。

さらに、以下のコマンドも使用できるでしょう。

duplicateClip(clip, name, depth)
指定したムービークリップ (またの名をスプライト) clip を複製します。 新しいムービークリップの名前は name で、 深度は depth となります。
removeClip(expr)
指定したムービークリップを削除します。
trace(expr)
指定した式をトレースログに書き込みます。ブラウザのプラグインが これをきちんと扱ってくれるかは疑わしいものです。
startDrag(target, lock, [left, top, right, bottom])
ムービークリップ target のドラッグを開始します。 引数 lock で、マウスをロックするかどうか (?) を指定します - 0 (FALSE) あるいは 1 (TRUE) を指定します。 オプションのパラメータでは、ドラッグする範囲のを指定します。
stopDrag()
つかれきった心を落ち着かせます。そしてムービークリップの ドラッグも修了させます。
callFrame(expr)
指定したフレームを関数としてコールします。
getURL(url, target, [method])
指定した URL を読み込みます。引数 target は、 (たとえば "_top" や "_blank" のような) HTML ドキュメントの target に対応します。オプションの引数 method は、 サーバーに変数を返したい場合に POST あるいは GET を指定します。
loadMovie(url, target)
指定した URL を読み込みます。引数 target は、 (おそらく) フレームの名前か あるいは特別な値 "_level0" (現在のムービーを置き換える) 、 "_level1" (現在のムービーの前面に新しいムービーを表示する) のうちのいずれかです。
nextFrame()
次のフレームに移動します。
prevFrame()
直前の (あるいは一つ前の) フレームに移動します。
play()
ムービーの再生を開始します。
stop()
ムービーの再生を停止します。
toggleQuality()
高品質/低品質を切り替えます。
stopSounds()
音声の再生を停止します。
gotoFrame(num)
フレーム番号 num に移動します。 フレーム番号は 0 からはじまります。
gotoFrame(name)
name という名前のフレームに移動します。 これは便利です。というのもまだフレームのラベルを追加していないからです。
setTarget(expr)
アクションのコンテキストといわれるものを設定します。 これが何をするものなのかは実際のところよくわかりません。
そしてもうひとつ変なものがあります。if 文や while ループの中で、 指定したフレーム番号が読み込まれているかどうかを調べるために、 式 frameLoaded(num) が使用可能です。ええ。そのようにいわれています。 しかし私は実際にこれをテストしたことがなく、実際に動作するのか 疑問に思っています。かわりに /:framesLoaded を使用するとよいでしょう。

ムービークリップ (さぁみなさんご一緒に - またの名をスプライト) はプロパティをひじしています。すべてのプロパティが読み込み可能で、 そのうちのいくつかには値を設定することも可能です。プロパティの 一覧は以下のとおりです。

  • x
  • y
  • xScale
  • yScale
  • currentFrame - (読み込み専用)
  • totalFrames - (読み込み専用)
  • alpha - 透明度
  • visible - 1=on, 0=off (?)
  • width - (読み込み専用)
  • height - (読み込み専用)
  • rotation
  • target - (読み込み専用) (???)
  • framesLoaded - (読み込み専用)
  • name
  • dropTarget - (読み込み専用) (???)
  • url - (読み込み専用) (???)
  • highQuality - 1=high, 0=low (?)
  • focusRect - (???)
  • soundBufTime - (???)
ということで、スプライトの x 位置を指定するには単に /box.x = 100; とすればよいわけです。なぜ box の前のスラッシュがあるのでしょう? これは、flash がムービー内のスプライトを Unix ファイルシステム風に 管理しているからです - つまり、この場合 box がトップレベルに存在する ことになります。box という名前のスプライトがその中に biff という名前の スプライトを保持している場合、その x 位置を指定するには /box/biff.x = 100; とします。すくなくとも私はそう思っています。 もし間違っていたら指摘してください。

目次


Ming
PHP Manual

レンタルサーバー