COM
PHP Manual

COM クラス

(PHP 4 >= 4.1.0, PHP 5, PHP 7)

説明

COM クラスにより、OLE 互換の COM オブジェクトのインスタンスを作成し、 そのメソッドをコールしたりそのプロパティにアクセスしたりすることが 可能となります。

$obj = new COM("Application.ID")

メソッド

COM::__construct ( string $module_name [, mixed $server_name [, int $codepage [, string $typelib ]]] )

COM クラスのコンストラクタ。 パラメータには以下のような意味があります。

module_name
ロードするコンポーネントを指定する プログラム ID、クラス ID またはモニカです。 プログラムID は、通常、アプリケーションまたは DLL の名前の後に、 Word.Application のようにピリオドと オブジェクト名を付けたものです。 クラス ID は、指定されたクラスがユニークに定義する UUID です。 モニカは、URL スキームの考え方に似た特別な命名形式です。リソースと、 それがどのように読み込まれるかを指定します。例として、モジュール名に Word ドキュメントのフルパスを指定すると、Word を読み込んで ドキュメントに対応するオブジェクトを取得することができます。 あるいは、LDAP への ADSI インターフェイスを指すモニカとして LDAP: を使用することが可能です。
server_name
コンポーネントが読み込んで実行される DCOM サーバーの名前です。 NULL の場合、オブジェクトはアプリケーションのデフォルトを 指定して実行されます。典型的なデフォルトは、ローカルマシン上で 実行させることでが、管理者によってはアプリケーションを別の マシン上で実行させるように設定しているかもしれません。 NULL 値をサーバーに指定した場合、 設定オプションが TRUE に設定されていない限り PHP はオブジェクトの読み込みを 拒否します。

server_name が配列の場合、以下の要素 (大文字小文字を区別します!)を含まなければなりません。 これらはすべて省略可能であることに注意しましょう (とはいえ、Username および Password は両方指定する必要があります)。 もしサーバー設定を省略した場合は(上で説明した)デフォルトのサーバーが 使用され、オブジェクトの生成は ディレクティブの影響を受けません。

DCOM サーバー名
server_name のキー 説明
Server string サーバーの名前。
Username string 接続するユーザー名。
Password string Username に対するパスワード。
Flags integer 以下の定数のうちのひとつまたは複数の論理和。 CLSCTX_INPROC_SERVERCLSCTX_INPROC_HANDLERCLSCTX_LOCAL_SERVERCLSCTX_REMOTE_SERVERCLSCTX_SERVER および CLSCTX_ALL。指定されていない場合の デフォルト値は、Server を省略した場合が CLSCTX_SERVER でサーバー名を指定した場合は CLSCTX_REMOTE_SERVER です。 これらの定数の意味についての詳細な情報を得るには、Microsoft のドキュメントで CoCreateInstance について調べましょう。 通常はこれらを使用する必要はないはずです。

codepage
文字列と Unicode 文字列との相互変換に使用するコードページを指定します。 PHP の文字列と COM オブジェクトのメソッドとの受け渡しの際には、いつも 変換が行われます。PHP 5 では、コードページの扱いは面倒です。というのは、 オブジェクトだけではなくオブジェクトから返される variant にもそれが 影響するからです。 とりうる値は CP_ACP (システムのデフォルト ANSI コードページを使用する - このパラメータが指定されなかった場合の デフォルト)、 CP_MACCPCP_OEMCPCP_SYMBOLCP_THREAD_ACP (現在実行中のスレッドの コードページ/ロケールを使用する)、CP_UTF7 および CP_UTF8 です。コードページに対応する 数値を指定することも可能です。コードページとそれに対応する数値に ついての詳細は、Microsoft のドキュメントを参照ください。

オーバーロードされたメソッド

返されるオブジェクトは、オーバーロードされたものです。つまり、 PHP 側では通常のクラスのメソッドは見えないということです。 その代わりに、プロパティやメソッドへのアクセスは COM を通じて行います。

PHP 5 以降では、参照渡しのパラメータを受け付けるメソッドを PHP が 自動検出するようになりました。それらのメソッドについては、PHP が自動的に 変数を参照渡し形式に変換します。つまり、メソッドのコールをより自然に 行えるということです。コードの中で特別な処理をする必要はありません。

疑似メソッド

PHP 5 より前のバージョンでは、以下のようなメソッド名を COM に渡すことが できず、直接 PHP で扱うことができないというあまりうれしくない出来事が ありました。PHP 5 ではこれらを解決します。スクリプトの修正方法に ついては以下の詳細を参照ください。これらのマジックメソッドの名前は 大文字小文字を区別しません。

void COM::AddRef ( void )

COM オブジェクトの参照カウントを作為的に追加します。

警告

このメソッドを使用することはまずないはずです。 これは、以下で説明する Release() メソッドを論理的に補完するものとして 存在するものです。

void COM::Release ( void )

COM オブジェクトの参照カウントを作為的に削除します。

警告

このメソッドを使用することはまずないはずです。 これは、COM オブジェクトが必要以上に動作を続けてしまうというバグに 対応する方法として PHP に存在するものです。

反復処理のための疑似メソッド

以下の疑似メソッドは、 com_isenum()TRUE を返す場合のみ利用可能で、この場合、これらのメソッドは、 通常は COM オブジェクトにより提供される同じ名前を有する全ての メソッドを隠蔽します。これらのメソッドは PHP 5 では完全に廃止されています。 代わりに For Each を使用してください。

variant COM::All ( void )

10 の要素を保持する SafeArray を表す variant を返します。 個々の要素は empty/null の variant となります。この関数は イテレータからの全ての要素を含む配列を返すことを想定していますが、 決して完了しません。使用しないでください。

variant COM::Next ( void )

イテレータの次の要素を表す variant を返します。要素が もうない場合には FALSE を返します。

variant COM::Prev ( void )

イテレータの前の要素を現す variant を返します。要素が もうない場合には FALSE を返します。

void COM::Reset ( void )

イテレータを最初の場所まで巻き戻します。

COM の例

例1 COM の例 (1)

<?php
// word を起動します
$word = new COM("word.application") or die("Unable to instantiate Word");
echo 
"Loaded Word, version {$word->Version}\n";

// 前面に移動させます
$word->Visible 1;

// 空のドキュメントを開きます
$word->Documents->Add();

// 何か複雑なことを行います
$word->Selection->TypeText("This is a test...");
$word->Documents[1]->SaveAs("Useless test.doc");

// word を閉じます
$word->Quit();

// オブジェクトを開放します
$word null;
?>

例2 COM の例 (2)

<?php

$conn 
= new COM("ADODB.Connection") or die("Cannot start ADO");
$conn->Open("Provider=SQLOLEDB; Data Source=localhost;
Initial Catalog=database; User ID=user; Password=password"
);

$rs $conn->Execute("SELECT * FROM sometable");    // レコードセット

$num_columns $rs->Fields->Count();
echo 
$num_columns "\n";

for (
$i=0$i $num_columns$i++) {
    
$fld[$i] = $rs->Fields($i);
}

$rowcount 0;
while (!
$rs->EOF) {
    for (
$i=0$i $num_columns$i++) {
        echo 
$fld[$i]->value "\t";
    }
    echo 
"\n";
    
$rowcount++;            // 行カウントの加算
    
$rs->MoveNext();
}

$rs->Close();
$conn->Close();

$rs null;
$conn null;

?>


COM
PHP Manual

プラスアルファレンタルサーバー